ひろき57歳。定年間際の婚活物語。①

57歳男性、バツイチ。再婚を目指す。

50代男性 婚活

ひろき57歳。バツイチで子供は一人。離婚の時に母親に預けたその子ももうすぐ結婚するらしい。
離婚後は、実家に帰り両親と暮らしていたがその両親も亡くなり両親の建てた築45年の家に一人暮らしをして三年が過ぎた。

ひろきは、実は10年前から婚活をしていた。
やはり一人では寂しいので再婚を考え、福岡市の結婚相談所に入会をしていたのだ。
10年も婚活をしていて結構な数のお見合いもしたが、結婚には至らず結婚する気が本気であるのかないのか・・・

母の三回忌を終えて。

先月母親の三回忌を終え、遺品の整理もついてきた。ひろきには姉が一人いるが、あまり交流はない。
最近無償に寂しさを覚える。57歳になり定年まであと三年を切った。

このままではいかん! そう思っていた時に、知人が「僕の知り合いが結婚相談所をやっているんだけど、話しを一度聞きに行ってみたら?」と声をかけてくれた。

場所を聞いたら、同じ戸畑ですぐ近く。

新たな婚活のスタート!

早速、無料相談を受け入会手続きを済ませ婚活をスタートさせた。
今度の結婚相談所は、自宅の近くだったのでひろきもなんだか安心な気持ちだった。

30代と結婚したい!50代男性。

仲人の米畑みゆから「お相手の方の年齢は、何歳位を考えてます?」と聞かれたひろきは
「30代!」と真面目に答えた。仲人の米畑みゆは「ひろきさん、30代女性だと20歳違いですよ。無理ですって・・」と言われ、
婚活経験10年のひろきは、その現実はよくわかっているので「ですよねー。じゃあ、45歳までで!」と、これまた真面目に答えた。
「あのね・・・ひろきさん・・・・」
これまで、10年間の婚活経験は何か役に立っていますか?

30代女性との結婚を望む50代男性は多い。無理なんですけどね・・・・

さてひろきはこれからどんな婚活をしていくのでしょう。

お見合いのお申し込み開始!

ほろきはやる気満々でした。まずは30代のきれいな女性にばかり30人、お申し込みをかけました。しかも30代前半、前半も30歳とか31歳とか。ところが、30代前半の女性からはばっしばっしのお断り。38歳と39歳の女性にも少しばかりお申込みをしていた2人からお見合いOKのお返事が来たのですがお見合いをしてみると、結果は女性からのお断りでした。 ひろきは改めて、婚活における自分の立ち位置を再認識。

次は、アラフォー世代へと年齢を上げまたまた38歳~42歳の女性にばっしばっしのお申込み。
これまた30人全員からお断り。

ある時、仲人の米畑みゆた「ひろきさん、この女性はどおです?49歳ですが」と紹介された。
これがなんとも、めちゃめちゃ美人の49歳。「こんなにきれいな女性なら49歳でもいいです!」と。

はい?「49歳でもいいです!」とはなんですと!!!

お見合いは小倉リーガロイヤルホテルだった。
土日の昼間の日程がお互い合わず、平日18時からのお見合いになった。

ひろきはこんな美人とお見合いをしたことがない。

実はひろきは年収が1200万円だったので、30代の女性とお見合いができたことが2度あったが美人ではなかった。
女性があまりにも美しいのでひろきは舞い上がっていた。

通常お見合いは、カフェでお茶なのだがひろきは引き合わせに来た仲人米畑みゆに「米畑さん、お食事をしてもいですか?」と聞いてみた。
米畑は「二人とも私の会員さんなので女性がよければいいですよ」と答えた。
女性もお食事をOkしてくれて、ひろきは女性をリーガロイヤルホテル小倉29階の鉄板焼きにエスコートした。

そこでひろきは、楽しい時間を過ごした。
帰宅後ひろきは、すぐにお見合いの「Ok」返事をした。

(続く)